服装

台湾・台北10月の気温と服装。平均気温は25℃前後で月の半分は雨

当サイトは一部記事にPRが含まれます

10月に台湾旅行で台北に行く予定だけど、どんな服装やコーデがベスト?

気をつける点などあれば合わせて知りたいな。

 

10月になると、平均気温が9月に比べ3℃ほど下がり、最低気温も20℃を下回る日が出て来ます。

日中はまだまだ半袖を着ていることが多いですが、夏の猛暑から解放され比較的すごしやすい季節となります

 

この記事では、台北10月の気候の特徴と、台北に住んでみてわかった服装選びで気をつける点についてまとめました。

参考になれば幸いです。

この記事でわかること

  • 台湾・台北10月の気候の特徴
  • 旅行中の服装で気をつけること

10月平均気温

2021年10月

平均気温(℃) 最高気温(℃) 最低気温(℃) 雨量(mm) 平均湿度(%)
台北 25.7 33.8 19.1 245.0 76
台中 26.7 34.2 20.9 11.0 71
台南 27.3 33.7 21.1 24.0 73
高雄 27.6 32.4 22.8 90.5 77

2022年10月

平均気温(℃) 最高気温(℃) 最低気温(℃) 雨量(mm) 平均湿度(%)
台北 24.2 35.1 18.6 449.5 79
台中 25.7 33.5 20.1 11.5 71
台南 26.5 34.0 20.5 3.5 72
高雄 26.1 33.1 19.0 15.5 79

参考:中央氣象局

 

北部と南部では気候帯が違う

台湾は、北部が亜熱帯、南部が熱帯となっています。

ですので、必然的に南部の方が暖かいです。

この記事は、首都台北(亜熱帯)の天気・服装について書いていますので、参考にされる際はその点だけご了承ください。

 

10月の気候の特徴

平均気温は25℃前後に

9月は平均気温が30℃近くあったのが、10月に入ると25℃前後になり、猛暑から解放されて過ごしやすい季節になります。

基本的には、日中半袖で夜は羽織ものをプラスという服装でOK。

 

最低気温は20℃を下回ることがある

日本の20℃はそこまで寒く感じませんが、台湾の20℃はとても寒く感じます。

20℃を下回る場合は、「長袖+上着」にしましょう。

 

最高気温は30℃を超える日も

一方で、急に30℃越えの真夏日に逆戻りしたりと気の抜けないのが台湾の気候でもあります。

そのため、服装は出発直前の天候で判断するのがベストです。

 

雨量は減るが降水日数は月の半分

台北10月 2019年 2020年 2021年 2022年
雨量(mm) 27.1 25.5 245.0 449.5
降水日数(日) 8日 11日 12日 20日

 

雨量は9月に比べると減りますが、月の半分以上が雨の年があったりと油断できない気候です。

ただし、真夏のように土砂降りの雨ではなく、パラパラとした雨が長期的に降るイメージ。

10月の台湾旅行では、雨具があると安心です。

 

知っておきたい知識

服装は直前の気温・天気で判断する

台湾の気温は東南アジアのように、安定していません。

平均気温だけを見ると、とても温暖で過ごしやすい気候に思えます。

ただし、平均気温というのはあくまで平均気温です。

30度を超える日と20度を下回る日があれば、平均気温は過ごしやすい気温となりますよね。

ここにあったか落とし穴。

 

また、台湾の気候は、基本的に日本の気候と連動しています。

そのため、日本が急に暑くなったり寒くなったりすれば、台湾も同じように変化します。

台湾に行く前に日本が急に寒くなれば、台湾も同じように寒くなっていると頭に入れておいてください。

 

体感気温をチェックする

台湾は、気温と体感気温に差があることが多々あるため、必ず体感気温をチェックするようにしましょう。

 

気温が25℃以上だと

湿度の高い台湾は、気温が25℃を超える場合、体感気温はプラス3℃〜5℃くらいになります。

写真はある日の台北。気温は28℃ですが、体感気温は32℃でした。

 

気温が20℃以下だと

また、天気の良い悪いでも変わってきますが、気温が20℃以下になると、体感気温は気温のマイナス3℃〜5℃になるイメージです。

 

台湾の冬は中国語で「濕冷」と言い、日本の乾燥した寒さとは違って冷たい空気がまとわりつくような感覚のため、実際の気温よりもかなり肌寒く感じます。

仮に台湾の今の気温が20℃なら、体感気温は15℃〜17℃くらいになると思っておくと良いでしょう。

 

目安

経験上では、下記のようになると感じています。(あくまで個人的な感想ですので、参考程度としてくださいね)

  • 25℃以上・・・体感気温はプラス3℃〜5℃
  • 21℃〜24℃・・・気温と体感気温に大差なし
  • 20℃以下・・・体感気温マイナス3℃〜5℃

台湾の20度は、ユニクロのウルトラダウンを着るくらいの温度であり、思っている以上に寒いのでご注意ください。

 

室内は冷房がガンガンに効いている

台湾は全てが夏仕様で、室内に入るとこれでもかというくらいに冷房が効いています。

ちょっと肌寒いと感じる時でもクーラーがかかっており、とっても寒いです。

 

MRT(地下鉄)やバスは特に寒い

移動手段であるMRT(地下鉄)やバスは、特にクーラーの効きがいいです。

桃園空港から台北市内へ移動する際のMRT空港線は、約40分ずっと乗ったままになるため体が芯から冷えます。

 

寒がりな方は、厚手の羽織りもの(パーカーなど)を準備しておく・首を冷やさないようにストールを準備するなど、冷房対策をしっかりとしておきましょう。

旅行初日に風邪をひく事がないように、くれぐれもお気をつけください。

 

 

ホテルは暖房設備がないことがある

10月は暖房を使うほどの寒さではないですが、念のため予備知識として。

基本全てが夏仕様に作られているので、ホテルには暖房器具がないことがあります。

暖房と書いていても、実は送風だったということも。

 

台湾は、室内では暖を取れないものだとあらかじめ理解し、寒がりな方はパジャマは長袖を持っていくなど、自分で防寒対策するように心がけましょう。

 

日本ほど清潔ではない

ローカルの食堂や夜市の店内は、あまりキレイではありません。

簡易なテーブルと椅子が置いてあるだけで、床にゴミが落ちていることも。

お気に入りの服装でくると絶対に後悔します。

動きやすくて、汚れてしまっても大丈夫な服装でくることをオススメします。

 

 

10月の服装と靴

まずは、台湾旅行に行く時の天気・気温をチェックしましょう。

台湾のサイト: 中央氣象局

日本のサイト:日本気象協会

 

気温が25℃以上の場合

基本的に、日中は半袖でOKです。

ただし、夜は気温がぐっと下がるため、カーディガンなどの羽織るもの(寒がりな方はプラスで上着)を準備しておくと◎。

  • 半袖
  • カーディガン(上着)
  • 動きやすいズボン・スカート
  • スニーカー(歩きやすい靴)

 

気温25℃を下回る場合

20℃前半であれば、長袖+カーディガンでちょうどいいくらいです。

(女性の場合、半袖だと肌寒く感じる可能性あり)

また、夜に20℃を下回る可能性がある場合は、プラスで上着があれば尚安心です。

  • 長袖
  • カーディガン
  • 上着
  • 動きやすいズボン・スカート
  • スニーカー(歩きやすい靴)

 

夜は冷えるので、念のためちょっと厚手の上着があると◎

 

ズボン選びで気をつけること

ワイドパンツはおすすめしません!

今流行りのワイドパンツ・ガウチョパンツ・バギーパンツなどは、台湾旅行ではあまりオススメしません。

台湾の道路はそこまで綺麗ではなく、またトイレの床も日本のように清潔でないことが多いからです。

 

ワイドパンツを履いていた場合、トイレでズボンを脱ぐと確実に裾が床についてしまうんですよね。

注意しながら用を足していても、ウッカリ手を離してしまって濡れてしまった時のショックといったら・・・

それ以来、ワイドパンツを履くのをやめました。

 

おしゃれを取るか実用性を取るか悩ましい所ではありますが、個人的は台湾旅行でワイドパンツは不向きだと思います。

 

ヒールの靴は避けた方がいいです。

というのも、台湾は段差が多くヒールだと歩くのに疲れてしまうからです。

スニーカーか、もしくは普段履き慣れた歩きやすい靴を選ぶことをオススメします。

 

カバン

旅行中のかばん選びは色々と悩みますよね。

台湾は治安はいいですが、やはり観光地にいると狙われやすくなるため注意が必要です。

また、ローカルの食堂の椅子は背もたれのないタイプなので、その点も考慮した上でバッグを選ぶようにしましょう。

 

下記に、台湾旅行でオススメのカバンの種類と、盗難防止に役立つかばんの整理の仕方をまとめました。

≫ 台湾旅行の鞄はリュックorショルダーバッグ?収納方法にも工夫を!

 

その他準備

ポケットWi-Fi

台湾には無料で使える公共のフリーWi-Fiがありますが、接続が不安定なこともあるので注意が必要です。

旅行中にネットを不自由なく使いたい場合は、ポケットWi-Fiをレンタルしておけば安心です。

 

レンタル会社は色々ありますが、台湾旅行でオススメは、下記の二つ。

台湾の空港で受け取るなら

SakuraMobile海外Wifi

台湾現地空港で(桃園空港・台北松山空港)で受取・返却ができる!
4G(LTE)回線が無制限で使える
3日間で2,040円と格安
現地空港受取なら送料無料
台湾最大手「中華電信社」の回線でサクサク動く

詳細はこちら≫ 【SakuraMobile海外Wifi】

 

 

日本国内で受取るなら

台湾データ

往復宅配料無料(国内受け取り)
4G(LTE)回線が無制限で使える
3日間で2,370円と格安
本体代以外に不必要なお金がかからない
台湾最大手「中華電信社」の回線でサクサク動く

詳細はこちら≫台湾データ

尚、繁忙期は両者ともに予約ですぐにいっぱいになるため、必要な場合は早めに予約しておきましょう。

関連記事

≫ 台湾旅行でwifiが必要なワケと4G無制限の「格安レンタルwifiまとめ」

 

海外旅行保険に入る

短期旅行だと海外旅行保険に入らなくてもいいかと安易に考えている方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。

 

ただし何かあったとき、言葉の通じない国で病院を自力で探して行くというのは実際問題かなり大変です。

私は台湾旅行の際に胃腸炎になり点滴を打った経験があるため、万が一に備えて保険には入ることをオススメします。

 

保険は色々ありますが、おすすめは三井住友海上の『ネットde保険@とらべる』

安く、さらにはネットで申し込みが完結するのでとても便利です。

 

ただやはり、たかが3・4泊の旅行のために保険代を払うのは勿体無いとも思いますよね。

その場合は、クレジットカードの付帯保険を上手く利用しましょう。

 

どんなクレジットカードがいい?

クレジットカードに海外旅行保険が付帯していればどれでもいいというわけではなく、下記の条件を満たしているのもがベストです。

  • 自動付帯(カードを持っていくだけでOK)
  • 治療費用の補償額が高い
  • キャッシュレス診療OK

キャッシュレス診療とは、現地で診療費を払う必要がない診療のことです。

はじめにサポートデスクへ連絡する必要はありますが、通常、旅行中は必要な現金しか持っていないのでとても助かります。

 

ご自身が現在持っているカードの中に上記条件を満たしているものがあれば、上手く活用してみましょう。

もしも、条件を満たすカードを持っていない場合にオススメなのが、【エポスカード】

エポスカード

年会費無料
自動付帯
キャッシュレス診療
治療費用の補償額:ケガ(障害)200万・病気(疾病)270万と高額

※一般的に台湾旅行で十分な保険金額と言える目安は「治療費用300万」と言われているので、クレジットカードの付帯でこの補償額というのは申し分のない内容です

詳細はこちら ≫エポスカード

 

年に一回でも海外旅行に行く方は、持っておいて損のないカードです。

 

最後に

10月は、夏の猛暑から解放されとても過ごしやすい時期です。

寒くなる時もありますが、猛暑に比べれば寒い方が断然マシです。(笑)

 

雨も降りますが、夏のように豪雨で道路が冠水することもなく、安心して観光できます。

マンゴーは残念ながらシーズンが終わっていますが、台湾には美味しい食べ物が他にもいっぱいあるので、ぜひそちらをご堪能ください。

楽しい台湾旅行となりますように!

 

旅行関連記事

≫ 2泊3日台湾旅行の準備・持ち物まとめ。必要・不必要な物とは?

≫ 台湾旅行の鞄はリュックorショルダーバッグ?収納方法にも工夫を!

≫ 台湾旅行でのスマホの設定方法。これで高額請求の心配なし!

≫ 台湾リピーターがお土産に必ず買う「ピーナッツのお菓子ベスト5」

 

 

\ 事前予約で台湾旅行がグッとお得&便利に!/

  • 日本語ガイド付!九份・十分ナイトツアー
  • QRコード提示ですぐ入れる!国立故宮博物院入館チケット
  • 待ち時間短縮!鼎泰豊のお食事券
  • 桃園空港で受け取れる悠遊カード etc…

おすすめパッケージはこちら >>

pick up

1

  私は現在台北に住んでいますが、台北の3月はコートを着る日も多くまだまだ寒いです。 3月後半あたりから徐々に暖かくなり過ごしやすい気候となるので、この時期は季節の変わり目と言えます。 &n ...

2

  結論からいうと、台湾の場合はネットが使える環境を用意しておいた方がいいです。 もし何かトラブルがあった時でも、ネットがあれば何かしらの対応を早い段階で取ることができます。   ...

3

  もうすぐで台湾旅行。嬉しい反面、忘れているものはないかと、とても心配になりますよね。 でもご安心ください。   この記事では、台湾旅行で必要なもの・あった方が良いもの・不要なも ...

4

  海外旅行の際に持っていくカバンですが、ネットではいろんな意見が飛び交っていて本当に悩みますよね。 私は現在台湾に住んでいますが、実際のところ治安はとてもいいです。 しかしながら、観光地で ...

5

台湾には、実は日本よりも厳しいルールが存在します。 法律で決められていることは、違反すれば外国人でも罰金となる可能性も。   せっかくの楽しい旅行で罰金を払った、ケガしたとならないように、注 ...

6

  フリープランで空港とホテル間の送迎がない場合、自力で台北市内のホテルまで行かなければなりません。 初めての海外・初めての台湾旅行だと、無事にホテルまでたどり着けるかとても不安になりますよ ...

7

  台湾旅行も何度目かになって来ると、そろそろパイナップルケーキ以外のお土産も気になりだす頃。 色々と調べていたら、台湾はピーナッツが有名らしいと、この記事にたどり着いたのではないでしょうか ...

8

  海外旅行のホテル選びというのは、土地勘がないために思いのほか頭を悩ませますよね。   私は現在台北に住んでいますが、台北はMRT(地下鉄)が縦横に走っており移動はとても便利だと ...

-服装