ルール・知識

【2024年最新】台湾でやってはいけないこと&注意点まとめ!台湾在住者が解説

当サイトは一部記事にPRが含まれます

台湾でやってはいけないこと 注意点

台湾旅行中はどんなことに気をつければいい?

絶対守らないといけないルールがあれば、詳しく知りたい。

台湾には、日本よりも厳しいルールが存在します。

法律で決められていることは、違反すれば外国人でも罰金となる可能性も。

せっかくの楽しい旅行で罰金を払った、ケガしたとならないように、注意すべきことを事前に頭に入れておきましょう。

この記事でわかること

  • 台湾のルール・やってはいけないこと
  • 日本とは違う注意すべき点

【法律で禁止】台湾で絶対やってはいけないこと

法律で禁止されている、絶対にやってはいけないことです。

違反した場合、罰金が科せられる可能性があるのでご注意ください。

MRT(地下鉄)での飲食禁止

改札手前に黄色い線があり「禁止飲食」と書かれていて、ここから先での飲食は禁止

これはマナーではなくて、法律で禁止されています。

違反すると、7500元以下の罰金となる可能性があるのでご注意ください。

飴とかガムくらいなら大丈夫じゃない??と思われるかもしれませんが…

飴・ガムも禁止、水を飲むのもNGです。

子供が水を飲みたがって困った事がありますが、子供にあげるのもダメなのでお気をつけ下さい。

因みに、飲食するのがダメなだけで、飲み物などを持っているのはOKです!

ほとんどの施設内及び公共の場所で全面禁煙

6)喫煙
 ほとんどの施設内およびパブリックスペースにおいて全面禁煙となっており、これに違反した場合には、喫煙者に罰金が科されることがあります。喫煙される方は、喫煙マナーを守るよう十分に注意してください。

引用:外務省のHP

屋内及び公共の場での喫煙は基本的に禁止です。

屋外もバス停は全面禁煙・信号待ちをしてる際の喫煙も禁止、歩きタバコは絶対にNG。

加えて、学校周辺の歩道での喫煙禁止など屋外でも禁煙エリアがあるため、注意が必要です。

屋外の禁煙エリア以外で、屋根のない場所で立ち止まって吸うのはOK!

日本のようにコンビニに灰皿がないので、タバコを吸う場合は必ず携帯の灰皿をご持参下さい。

電子タバコの持ち込み禁止

台湾は、アイコス(IQOS)をはじめとする電子タバコの持ち込みが法律で禁止されています。

日頃電子タバコを吸っている方は、残念ですが台湾では吸えないので持ち込まないようにしましょう。

あらゆる動物の肉や肉加工品の持ち込み禁止

アフリカ豚熱(ASF)の影響で、肉の持込み規制が特に厳しくなっています。

あらゆる動物の肉や肉加工品・肉エキスの入った食品の持ち込みが禁止。

持ち込み可能なのは、基本的に缶詰・高温滅菌処理がしてあるレトルトパウチのみ。

カップ麺の具材のフリーズドライのお肉や、肉エキスの入った液体状(高温滅菌未処理)のものも不可です。

心配な場合は、必ず検疫カウンターで申告し指示を仰いで下さい。

台湾のマスク着用ルールについて

現在、マスク着用が義務付けられている場所は下記の通りです。

  • 医療機関(病院・クリニック・中醫・老人福祉施設など)
  • 救急車

上記以外の場所でマスクを着用するかどうかは、個人の判断に委ねられています。

屋外でマスクをしている人は少ないですが、地下鉄(MRT)や百貨店など混み合う場所でのマスク率は高めです。

念の為、準備しておくのが◎。

機内や台湾の空港での注意点

続いては、機内や台湾の空港で注意する点についてです。

入国カードに記入する滞在先を事前に確認しておく

入国カードには、フライトNo.・パスポート番号の他、滞在先を記入する必要があります。

  • ホテルの場合はホテル名を記入
  • Airbnbや友達の家に滞在する場合は住所を記入

特にAirbnbや友達の家に滞在する場合、住所をメモし忘れて困るケースがあるので必ず事前に確認しておきましょう。

ペンの用意も忘れずに!

入国カードの書き方は、「台湾・入国カード(ArrivalCard)の書き方」の記事を参考にしてみて下さい。

「アフリカ豚熱(ASF)識別カード」を飛行機から降りたら必ず取る

飛行機から降りて空港内に入ったところあたりに、上記写真↑の「アフリカ豚熱(ASF)識別カード」が置いてあります。

アフリカ豚熱(ASF)とは致死率の高い伝染病です。

アフリカ豚熱(ASF)は、ASFウイルスが豚やいのししに感染することによる発熱や全身の出血性病変を特徴とする致死率の高い伝染病です。

引用:農林水産省

台湾の農業部は台湾の畜産業を守るため、アフリカ豚熱(ASF)発生地域からの入国に対してX線検査や手動検査を実施しています。

日本はハイリスク地域ではないので検査が免除。

「アフリカ豚熱(ASF)識別カード」は検査免除の地域からの入国かを判別するために必要なものなので、必ず取って下さい!

置いてあるだけで、一人一人には配ってくれないので要注意です。

このカードを取らなかった場合、強制的に手荷物検査になります…

詳しくは、「台湾の空港に到着して受け取る ”アフリカ豚熱(ASF)識別カード” とは?」の記事を参考にして下さいね。

台湾の交通・乗り物での注意点

台湾の交通・乗り物で注意することは下記の通りです。

道路は右側通行

日本は左側通行なのに対し、台湾は右側通行です。

いつもの癖で横断歩道を渡る際に右側を確認してしまいそうになりますが、台湾では左を向いて車が来ていないか確認しましょう。

バイクの数が多い

台湾はバイク社会のため、日本では考えられない数のバイクが道路を走っています。

通勤ラッシュ時は皆急いでいる事もあり、特に危険なのでご注意下さい。

また、気をつけたいのが、至る所に停車しているバイクのマフラーです。

バイクとバイクの間を通り抜けようとして、熱い思いをした経験あり…

火傷にはくれぐれもご注意を!

運転が荒い

交通ルールが改正され、「横断歩道では歩行者を優先させ車は一旦停止」と変更にはなりましたが…

運転そのものが改善された訳ではないので、依然として油断は禁物です。

  • 市バスは急発進・急停止が当たり前なので、乗ったらすぐにどこかに掴まること
  • 高速バス・タクシーの後部座席ではシートベルト着用

など、乗車したらすぐに安全の確保に努めましょう。

タクシーの扉は手動で開閉(自動ではない)

台湾のタクシーは、お客側が自分で開け閉めをします。

日本のように自動ではないため、ご注意ください。

降車時は特に、ドアを閉めるのをお忘れなく!

気をつけたい博愛座(優先席)での心がけ

台湾の優先席は「博愛座」と呼ばれ、地下鉄(MRT)では紺色のシートが博愛座に当たります。

台湾はお年寄りや妊婦、子供連れの人達に優しく、席を譲る光景をよく見かけます。

私自身も妊娠中に何度も席を譲って頂き、本当にありがたかったです。

優先席は「博愛座」で紺色のシートと覚えておくと◎。

エスカレーターでは右側に立つ

台湾ではエスカレーターは立ち止まる人が右側に並んで立ち、歩く人が左側を使うのがルールです。

日本の場合、関西は同じく「右立ち」。

それ以外の地域では立ち止まる人が左側に立つ「左立ち」が主流なので、いつもの癖で左に立たないようにお気をつけ下さい。

段差が多いので歩く時注意

台湾は段差が多いため、ヒールで歩いているととても疲れます。

観光の際は、スニーカーや履き慣れた歩きやすい靴がオススメですよ♪

台湾のトイレでの注意点

台湾のトイレは、日本とは違い注意が必要な点があります。

トイレットペーパーが流せない場所がある

台湾のトイレはトイレットペーパーが流せず、ゴミ箱に捨てる場所があります。

基本的にホテル・MRTなどの駅・百貨店のトイレは、トイレットペーパーを流してOK。

一方で、古い建物に入っている店舗などでは、未だにトイレットペーパーが流せないところ多いです。

注意書きが貼ってありますが、わからない場合はトイレの中に大きなゴミ箱が置いてあったら流せないと判断しましょう。

トイレの中にトイレットペーパーが無い場合がある

また、トイレによっては、個室の中にトイレットペーパーがない場合も…

トイレに入ったらまずはトイレットペーパーがあるかどうかを確認すること。

トイレの詳細は「台湾のトイレ事情。紙が流せるかは注意書きを見て判断する!」にまとめていますので、参考にしてみて下さいね。

台湾の水や飲み物での注意点

台湾の水や飲み物についての注意点はこちらです。

水道水は飲めない

台湾の水道水は、そのまま飲めません。

家では浄水器の水を沸騰させ、更に浄水ポットで濾過してから飲んでいます。

ローカル食堂では水の提供がないので飲み物は持参

ローカル食堂では基本的に水の提供がありません。

また、店内で販売している飲み物は、豆乳や甘い紅茶だけという場合も。

飲み物に関しては、ほとんどのお店が持参した飲み物を店内で飲んでもOK!としているので、水などの飲み物を準備しておきましょう。

夏場は特に暑いので、こまめな水分補給を忘れずに。

因みに、カフェやちょっと高級なレストランは、水やお茶の提供がありますよ。

飲み物は基本砂糖入り

台湾のお茶って、紅茶以外に緑茶やウーロン茶にも砂糖が入っているんですよ…

そして、めちゃくちゃ甘いです。

コンビニやスーパーでペットボトルの飲み物を購入する際は、「無糖」と書かれているか確認必須です!

観光や飲食時・買い物での注意点

観光や買い物、飲食時に気をつける事は下記の通りです。

スリ(窃盗)に注意

過去には、台北市内の士林夜市において邦人のスリ被害が報告されており、外務省のHPでも注意喚起されています。

また、外国人観光客をターゲットにする窃盗グループの存在も確認されており、観光客は狙われやすいと心得ておくことが大切です。

特に、人が混み合う観光スポットである夜市や九份などでは、貴重品の管理には十分注意しましょう。

レジ袋(ビニール袋)は有料

スーパー・コンビニ・ドリンクスタンドなど、ビニール袋は有料です。

お土産を買いにスーパーへ行く際は、エコバッグを持参するのが◎。

因みに、パン屋さんや百貨店地下のスーパーなどはレジ袋が紙袋で、紙袋の場合は無料です。

お箸はティッシュで拭いてから使用

ローカル食堂のお箸やお椀などはセルフサービスで、カウンターの上にそのまま置いてあるケースがほとんど。

あまり綺麗ではないため、台湾人はティッシュで拭いてから使用します。

念の為、台湾流に習って拭いてから使用するのが◎。

食事は油っこいので胃もたれ注意

台湾の食べ物は美味しいですが、とても油っこいです。

野菜炒めでさえ、日本のと比べるとかなりコッテリしています。

最初は新鮮で美味しいと感じますが、

朝から晩まで食べまくっていると胃が悲鳴をあげます…

私は日本では胃痛とは無縁だったに、台湾に来て初めて急性胃腸炎になり病院送りになりました。

万が一のために胃薬は持参し、海外旅行保険に加入することをおすすめします。

犬が店内にいても気にしない

台湾は基本的にペットを連れて店内に入ってもOKなので、普通にどこにでもいます。

犬の横でご飯を食べたこと、何度もあります。笑

日本人からすると抵抗があるかもしれませんが、文化の違いと割り切りましょう。

台湾では物乞いに注意

台湾は物乞いが積極的なので、注意して下さい。

信号待ちや駅で

駅の出口を出たところ、信号待ちをしている時、とにかく人が多い場所には必ずいます。

台湾人達は慣れているため、グイグイ来られても気にしません。

お花やお菓子などを渡されそうになることもあるので、びっくりしないようにして下さいね。

お店の中にまで

「熱炒」と言われる台湾の居酒屋にいると、突然知らないおばさんに話しかけられ…

よく見ると、ティッシュやお菓子をたくさん持っているではないか。

びっくりなことに物乞いの人たちが、お店の中にまで入ってきているのです!

オープンになっているお店には突如として現れますので、注意してください。

必要ない場合は、そぶりで要りませんと意思表示をしましょう。

台湾旅行:季節別の注意点

その他、季節別の注意点は下記の通りです。

夏は冷房が効きすぎて寒い

台湾の夏に注意しないといけないのが、室内と屋外の気温差です。

台湾は室内の冷房が効きすぎていて、とてつもなく寒いんですよ…

特にMRT(地下鉄)やバスはクーラーの効きがいいので、汗をかいたまま乗ると一気に体が冷えます。

体が冷えやすい女性は羽織物の準備など、冷房対策をお忘れなく!

6月〜9月はスコール・台風で道路が冠水

台湾は5月中旬から梅雨に突入し、そのまま台風シーズンがやってきます。

この時期に注意しなくてはならないのが「道路の冠水」です。

台湾はインフラ設備が整っていない部分が多少なりともあり、大雨になると排水が追いつかずに行き場をなくした雨水が道路に溢れてきます…

雨予報の場合は、足元は濡れてもOKなサンダルやレインシューズがおすすめです。

冬は暖房設備がないので防寒対策必須

夏が長いためか、エアコンは冷房のみで暖房機能がない場合がほとんど。

百貨店・ローカル食堂・レストランも基本的に暖房がありません!

ホテルも例外ではなく、暖房と書いていても実は送風だったということが何度もありました…

日本のように外が寒くても室内に入れば暖がとれるというシステムにはなっていないので、防寒対策必須です。

寒がりな方は、厚手のパジャマを持参しましょう♪

≫【2024年】台湾旅行で持っていけばよかったと後悔したあると便利なもの12選

外務省の無料メール配信サービス「たびレジ」に登録

「たびレジ」とは外務省から最新の現地の安全情報が日本語で届く、無料のメール配信サービスです。

在留届の提出義務がない短期渡航者に対して、外務省は「たびレジ」への登録を推奨しています。

たびレジに登録しておくと、

  • 現地の最新情報を日本語で受け取れる
  • 台湾で事故や自然災害が発生した際、安否確認を行う際に利用

など、もしもの時に役立ちます。

実際に、地震の時に送られてきたメールがこちら↓

現在の状況以外にも、何かあった際の問い合わせ先や参考にすべきHPやアプリなどがメールに記載されており、とても役立ちました。

もしもの時にために、登録しておくことをおすすめします。

最後に:台湾旅行での注意点まとめ

台湾はアジアの中では比較的安全で、親日家も多く旅行しやすい国です。

ただ似ているようでも、国が違えば文化が異なり日本とは違う点が色々ありますね。

私は7年台湾に住んでいますが、ルールも慣れてしまえばそんなもんか…という感じです。笑

台湾の美味しいフルーツや美味しい食べ物を、ぜひぜひ堪能して下さいね!

楽しい台湾旅行となりますように♪

参考になれば幸いです。

≫台湾・台北5月(GW)の気温と服装選びのコツを台北在住者が教えます!

≫2泊3日台湾旅行の準備・持ち物まとめ。必要なもの・不必要なものとは?

≫ 台湾のトイレ事情。紙が流せるかは注意書きを見て判断する!

\ 事前予約で台湾旅行がグッとお得&便利に!/

  • 日本語ガイド付!九份・十分ナイトツアー
  • QRコード提示ですぐ入れる!国立故宮博物院入館チケット
  • 待ち時間短縮!鼎泰豊のお食事券
  • 桃園空港で受け取れる悠遊カード etc…

おすすめパッケージはこちら >>

pick up

台湾台北3月の気温と服装 1

私は現在台北に住んでいますが、台北の3月はコートを着る日も多くまだまだ寒いです。 3月後半あたりから徐々に暖かくなり過ごしやすい気候となるので、この時期は季節の変わり目と言えます。 ということで今回は ...

2

  結論からいうと、台湾の場合はネットが使える環境を用意しておいた方がいいです。 もし何かトラブルがあった時でも、ネットがあれば何かしらの対応を早い段階で取ることができます。   ...

台湾旅行必要なもの 持ち物リスト 3

もうすぐで、待ちに待った台湾旅行♪ 嬉しい反面、忘れているものはないかと、とても心配になりますよね。 でもご安心ください。 この記事では、 台湾旅行で必要なもの(必須!) あった方が良いもの 不要なも ...

4

  海外旅行の際に持っていくカバンですが、ネットではいろんな意見が飛び交っていて本当に悩みますよね。 私は現在台湾に住んでいますが、実際のところ治安はとてもいいです。 しかしながら、観光地で ...

台湾でやってはいけないこと 注意点 5

台湾には、日本よりも厳しいルールが存在します。 法律で決められていることは、違反すれば外国人でも罰金となる可能性も。 せっかくの楽しい旅行で罰金を払った、ケガしたとならないように、注意すべきことを事前 ...

6

  フリープランで空港とホテル間の送迎がない場合、自力で台北市内のホテルまで行かなければなりません。 初めての海外・初めての台湾旅行だと、無事にホテルまでたどり着けるかとても不安になりますよ ...

7

  台湾旅行も何度目かになって来ると、そろそろパイナップルケーキ以外のお土産も気になりだす頃。 色々と調べていたら、台湾はピーナッツが有名らしいと、この記事にたどり着いたのではないでしょうか ...

8

  海外旅行のホテル選びというのは、土地勘がないために思いのほか頭を悩ませますよね。   私は現在台北に住んでいますが、台北はMRT(地下鉄)が縦横に走っており移動はとても便利だと ...

-ルール・知識